top of page

決算書とは何か?決算書から分かること


DX人材育成の必要性

今さら聞けない。。決算書とは何か?


 経理部門でのキャリアが長い方はともかく、製造や販売のキャリアが中心の方にとっては決算書という名前は社内外でよく聞くし目にするものの、今一つその役割や見方が分からないという方も少なくないと思います。そこで当コラムで数回連載の形で決算書の機能や最低限見るべきポイントついて平易にお伝え出来ればと考えています。今さら決算書のイロハについて他人に聞けないし本を読んで勉強する気にもなれないという方はもちろん、長年決算書を見てきたけど実は見落としているポイントがあるかもしれないという方にもお役に立てれば幸いです。


決算書とは?


 決算書とは、貸借借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書等を総称した言い方です。等と記述したのは、他に資本移動計算書というものがあるのですが実務上見る機会も少ないので当コラムでは割愛します。それぞれ違った役割と機能があり、貸借対照表は会社の一時点(通常は決算末日)の財産の状態を、損益計算書は会社の一定期間(通常は1会計年度分)の経営成績を、キャッシュフロー計算書は会社の一定期間(通常は1会計年度分)のお金の増減を表したものになります。これら3つを財務三表と言ったりします。それぞれの見方は別途ご紹介するとして、それでは決算書を見てどのような事が分るでしょうか?


決算書はいつどのように公表されるのか?


 毎年、企業は会計年度が終わって遅くとも3か月以内に決算書を公表します。特に上場企業の場合は期末日から1か月後前後に決算説明会と称して社長や財務担当役員が決算書の内容を説明する事が多いです。さらに通期以外にも上場企業は四半期単位で簡易版の決算書を開示し、冬期の事業活動が順調かどうかを報告します。


 投資家は企業が一定期間に獲得した利益の額にまず注目します。そこで多くの企業でまず最初のページにあるのがいくら売上があって最終的な利益の額がいくらだったかを示している損益計算書が掲載されています。多くの方が決算書と聞いたときに、まず思いつくのがこの損益計算書ではないでしょうか?最近ではその前の会計年度と比較して売上と利益の額が増えたのか減ったのか一目で分かるように前年度と並べて表記することが多いようです。


 また、後ろの方のページには必ず貸借対照表が載っています。ここに企業の資産と負債の明細と金額が掲載されています。やはり貸借対照表も前年度との比較がしやすいよう、前年度と並べて表記されることが多いようです。


一目で企業の概況が分る


 一番見られる頻度が多いのが損益計算書です。損益計算書には一会計期間の売上と費用、利益の額が明示されているので、損益計算書を見れば一目で会社が順調に経営されているかを知ることができます。


 次に貸借対照表には一時点の会社の資産、負債、及び資本の額が明示されています。そこで貸借対照表を見れば一時点で会社が健全な状況にあるのか、それとも何等か問題がありそうなのかが判断できます。


 最後にキャッシュフロー計算書を見れば、企業の営業活動でいくらの現金がどのような内容で増減したか、同様に投資活動(買収や設備の売買等)や財務活動(資金の借入や返済)での現金での出入りが明示され、本業でキャッシュを稼げているのか、あるいは本業外の投資活動などでキャッシュを使ったのか、損益積算書や貸借対照表を見ただけでは分かりにくい内容を知ることができます。


 決算書とは何かという最初の問いには上記の理解で十分ですが、それでは決算書を仕事や投資に役立てるためにどこをどのように見ればいいのか、教科書的に各論を網羅するのではなく見るべきポイントを絞って実務的な内容について次回以降連載させていただければと考えています。


【免責事項】

本稿は、一般的な事項についての情報提供を目的として作成されたものであり、実際の遂行にあたっては、多くの場合関連法規の検討、並びに専門家との協同が必要になります。このため、執筆者並びにその所属先は、本稿の利用に起因する如何なる直接的・間接的な損害に対しても一切の責任を負いかねます。また、本稿記載の情報は作成時点における調査に基づいたものであり、随時更新される可能性がありますことをご了承ください。


 

「タイはなんでこんなに月次の決算が遅いんだ!」


「タイはなんでこんなに経理スタッフが多いんだ!」


 タイで働き始めた日本人の方とお話させて頂くと、このような課題を挙げられる方が多くいらっしゃいます。


 タイで決算が遅くなる原因は何か?


 社内業務の効率化に向けた予備知識として、知っておきたいタイの会計・税務を動画にしました。お時間のよろしいときにこちらもご視聴頂けましたら幸いです。



Comments


bottom of page