top of page

BOIの概要と決算書、税務上の留意点


BOIの概要と決算書、税務上の留意点

BOIとは?

 BOI(Board of Investment:タイ投資委員会)とは、タイの商務省が管轄し、投資を促進するための優遇制度のことです。BOI取得企業には大きく区分して税務恩典と非税務恩典が与えられます。


 税務恩典には、法人所得税免税、輸入機械関税の免税、輸入原材料の免税があります。  非税務恩典には、外国人就労許可の取得要件の緩和、土地所有の許可などがあります。


 このような恩典のある一方、会計報告の必要性や税務上の留意点などにより、実務上の煩雑さにつながるところもあります。


BOI取得企業の決算書

 BOIを取得している企業は、取得している各BOIのカテゴリー及び非BOI事業それぞれの決算書(損益計算書)の作成と法人所得税の計算が必要となります。

これは、BOIの恩典が会社への付与ではなく事業に付与されるものであり、税務恩典は事業ごとに適用されるためです。

そのため実務上、事業別の決算書作成が必要となります。


税務上の留意点

 BOI企業には上記の通り税務恩典がありますが、これに関連して税務調査で指摘を受けるケースも見受けられます。


 例えば、BOIの税務恩典には輸入原材料の免税がありますが、これは最終製品が輸出される場合に適用されます。輸出目的として免税を受けながら、実際には国内に販売されていることがわかる場合には、免税を受けた関税の追徴がなされます。


 そのため海外輸出商品と国内販売商品が混在しないよう、管理しておく必要があります。また、BOIと国税当局による解釈の相違によるトラブルも発生していますので、BOI特有の留意点に配慮した事業運営が必要といえます。


【免責事項】

本稿は、一般的な事項についての情報提供を目的として作成されたものであり、実際の遂行にあたっては、多くの場合関連法規の検討、並びに専門家との協同が必要になります。このため、執筆者並びにその所属先は、本稿の利用に起因する如何なる直接的・間接的な損害に対しても一切の責任を負いかねます。また、本稿記載の情報は作成時点における調査に基づいたものであり、随時更新される可能性がありますことをご了承ください。

bottom of page