top of page

タイの繰越欠損金の節税効果について


タイの繰越欠損金の節税効果について

タイの繰越欠損金の節税効果


 会計監査会社から決算書が提出され、内容を確認したところ、会社の業績は100万バーツの黒字でした。しかし、法人税は発生しないとの説明が付け加えられました。黒字決算なのに、なぜ法人税は発生しないのか?と会計担当者に確認したところ、会社は繰越欠損金を利用したため、法人税納付は不要との回答が返ってきました。


 欠損金って何のことだろうと思いつつも、内容を聞ける状況ではなかったというシチュエーションはよくあるお話です。繰越欠損金は将来の税金を減らす節税効果があることから、欠損金の知識があると節税対策に役に立ちます。


欠損金とは何ですか?


 欠損金とは、決算調整後の損益計算書(P/L)の当期純損益が確定後、法人税を計算する過程(税務調整)で生じた会社の所得金額が赤字またはマイナス時に表す用語です。つまり、税務上の赤字のことです。会計上の赤字と税法上の赤字の比較図をご参照ください。


タイの繰越欠損金の節税効果について

欠損金の算出方法


 損益計算書の当期純損失 (会計上の赤字)は、必ずしも、欠損金(税務上の赤字)とは一致しません。理由は収益と費用の概念または算出基準が異なるからです。


会計上の損益計算は「収益-費用=利益/損失」


税務上の所得計算は「益金(法人税計算上の収益)-損金(法人税計算上の費用)=所得」


上記の算出方法から、会計上で利益でも、税務上はマイナスになることがあります。反対に、会計上で損失でも、税務上はプラスになり、法人税が発生することもあります。


(計算事例1)

タイの繰越欠損金の節税効果について

繰越欠損金とは?


 当該事業年度に算出した欠損金を翌年以降に繰り越した欠損金を「繰越欠損金」といい、タイでは5年間の繰越が認められます。BOIの法人税免除の恩典がある場合は、免税期間終了後に5年間の繰越ができます。

 

繰越欠損金の申告書上の表示


 繰越欠損金の明細は、以下の法人税確定申告書(P.N.D.50)のように表示されます。


例)12月決算法人の2023年度申告書

2018年欠損金-1,000,000、2019年欠損金-1,000,000、2020年所得2,000,000、

2021年欠損金-1,000,000、2022年欠損金-2,000,000、2023年所得1,500,000


タイの繰越欠損金の節税効果について

上記の累積から2023年度所得と相殺できる欠損金額は3,000,000THBまでです。


繰越欠損金のメリット


 タイの歳入法典第 65 条 ter (12)では、5年以内に繰り越された純損失は会計では費用とみなされませんが、税務上は原則的に費用として処理することが認められます。つまり、欠損金が生じた場合は発生年度から向こう5年間の税務上の所得を控除することができ、節税効果のメリットがあります。


(計算事例2)

タイの繰越欠損金の節税効果について

【免責事項】

本稿は、一般的な事項についての情報提供を目的として作成されたものであり、実際の遂行にあたっては、多くの場合関連法規の検討、並びに専門家との協同が必要になります。このため、執筆者並びにその所属先は、本稿の利用に起因する如何なる直接的・間接的な損害に対しても一切の責任を負いかねます。また、本稿記載の情報は作成時点における調査に基づいたものであり、随時更新される可能性がありますことをご了承ください。


 
タイの源泉徴収税について

「タイはなんでこんなに月次の決算が遅いんだ!」


「タイはなんでこんなに経理スタッフが多いんだ!」


 タイで働き始めた日本人の方とお話させて頂くと、このような課題を挙げられる方が多くいらっしゃいます。


 タイで決算が遅くなる原因は何か?


 社内業務の効率化に向けた予備知識として、知っておきたいタイの会計・税務を動画にしました。お時間のよろしいときにこちらもご視聴頂けましたら幸いです。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page